2010年01月29日

光と影

光と影
目白台で強い日差しに透けた緑がとても綺麗だったので一枚。
この先には室町幕府三管領の細川家伝来の美術品を展示する永青文庫があったりして、とても落ち着いた街並みでした。
posted by Chadie at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸椿

江戸椿
江戸時代の武士、町民に愛された江戸椿。
本当に多種多様なようで、花に疎い私にはさっぱり分かりませんが、目白でみかけたこの椿は緋縮緬ではないかと思われます。
緋縮緬という名は長襦袢という意味があるそうです。
posted by Chadie at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

富士見坂

富士見坂
日本女子大の近くにあり、豊島区と文京区の区境になっている富士見坂。
東京の中で一番急勾配として知られる胸突坂の近くで、負けず劣らずの坂道でした。
昔は名前の通り富士山が望めたようですが、今では新宿のビル群に遮られています。
posted by Chadie at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

大銀杏

鬼子母神大銀杏
鬼子母神にある大銀杏。
高さは約30mもあるそうで、東京では3本の指に入る大きさだそうです。
婦人が触ると子供を授かるという伝えから「子授け銀杏」とも呼ばれるとか。
葉が落ちたその姿は一段と雄々しく感じます。
posted by Chadie at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

都電

都営荒川線
東京で唯一残った都電荒川線。
以前は王子電気軌道という会社が運営していた事から王子電車とも呼ばれていたそうです。
元々都電は東京中のあちらこちらを走っていたようですが、財政難から現私鉄各社に引き取られ、荒川線だけが残ったとか。
観光地を走る江ノ電よりも穏やかな印象で、いつまでも乗っていたい気分になります。
posted by Chadie at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

YEBISU

エビス超長期熟成
現在製造は終わってしまいましたが、正月にケース買いしていたヱビス超長期熟成。
熟成を約2倍長くした、特別醸造限定商品ですが、通常ヱビスが5.5%前後に対して、これは6%とやや高めだそうです。
「より一層の深みとコクのあるまろやかな味わい」という謳い文句の通り、普通のヱビスよりちょっと濃い感じでした。
posted by Chadie at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

Burberry

Trench coat
Burberryといえばトレンチコート。
元々はイギリス士官向けの紐だけで羽織るタイロッケンの製造から始まり、第一次世界大戦時にボタンを追加したトレンチコートに発展させた歴史があるとか。
戦争服から発展したメーカらしく、コットン糸を防水処理してから織り上げるギャバジンを使うという機能性に優れた特長があるそうです。
posted by Chadie at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

船尾

船尾
折角マクロレンズを持参したので、国際フォーラムのガラス棟壁面に張り巡らされた回廊を登って船尾をアップで撮ってみました。
回廊は意外に柔い印象で、高所恐怖症の私には辛い試練でしたが、天辺から見た景色は格別でした。
posted by Chadie at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

Information

Information Counter
東京近郊に住む写真愛好家の間では有名な国際フォーラム。
例に漏れず、新しいレンズで有名なInformation counterを撮ってみました。
いつも思うのですが、こうして撮ると美味しそうなホールケーキに見えます。
posted by Chadie at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

光床

光床
国際フォーラムの有楽町側と東京側にある光床。
屋上にある真空ガラス管型の太陽電池により発電した電気を蓄電して、使用しているそうです。
人が上を歩くと影絵のようになって面白い場所でした。
posted by Chadie at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

Gamelanball

ガムランボール
バリ島の名物になっているガムランボール。
紀元前欧州ケルト民族の神官達が瞑想用に使ったと言われているドルイドベルをその起源とし、その後欧州でオルゴールボールとなったものが伝来して作られたものだとか。
外側の真鍮球の内側にはオルゴールと同じように櫛状の歯が並んでおり、中で転がる球がぶつかる事で何とも言えない音を奏でます。
posted by Chadie at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D

AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
広角、望遠などいろいろ欲しいレンズはありますが、最近とても気になっていたマクロレンズ。
スナップにも使える画角という事で60mm F2.8Dを選択してみました。
M/Aモードがなく、A-M切り換えリングなのでAF後のわずかなピント調整は出来ないのですが、Made in Japan製でギミックな感じが素敵です。
ちょっとしか触っていませんが、ピントはとてもシビアなものの、合焦すると非常にシャープで、その描写力にとても驚きました。
これから少しマクロの世界に嵌りそうです。
posted by Chadie at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

綿雲

綿雲
晴れた日の午後に突然現れた綿雲。
日射で地表や水上の空気が暖められた際の上昇気流で発生すると言われる積雲で、雲粒密度が高く、日光が当たった時の明暗がくっきりと表れるのが特長だそうです。
不規則に並んでいる様子が何だか気ままな感じでした。
posted by Chadie at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

地宙船

宇宙船
副都心線の渋谷駅。
設計はサントリーミュージアムや表参道ヒルズを手掛けた安藤忠雄氏が行ったようで、コンコースからホームが覗ける円筒は『地宙船』をイメージしたもののようです。
機械を一切使用しない自然換気システムにも寄与しているそうですが、歩いている人々を窓から覗いているような感覚が面白い場所です。
posted by Chadie at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

新宿ピカデリー

ピカデリー
久しぶりに新宿ピカデリー前を通ったら、あまりの変貌ぶりに驚きました。
昔行っていたピカデリーは古くさいけど近代的で、これぞ映画館という代名詞のような風貌でしたが、新しくなって先進的なイメージに生まれ変わったようです。
ピカデリーという名称は複数の劇場が集まるイギリスの交差点ピカデリーサーカスに由来しているそうですが、このオリジナルフォントのデザインからは人々が集まる楽しそうな印象を受けます。
posted by Chadie at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

頬被り

末広笠雲
河口湖から見た富士山には頬被りのような厚い笠雲が覆っていました。
この雲、日射によって暖められた空気が斜面に沿って山を登る事でうまれる上昇気流によるものだそうです。
こういう末広笠は翌日に風が吹くとか。
天気はともかく、名前だけ聞くと何だか縁起の良い気分になります。
posted by Chadie at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。